新アメリカ大統領ジョーバイデンってどんな人?プロフィール、政策を紹介

英語解説
この記事は約3分で読めます。

どうもツヅリです。アメリカ大統領選が決着しましたね。

 

新しいアメリカ大統領はジョーバイデン(Joe Biden)となりますが、この人がどんな人なのかって結構謎ですよね。選挙が始まるまでほとんど名前を聞いたこともなかったし。

 

というわけでこの記事では新アメリカ大統領であるジョーバイデンのプロフィールや、どんな政策をやろうとしているのかについて解説します。

新アメリカ大統領ジョーバイデンのプロフィール

ジョーバイデンは1942年11月20日生まれの77歳です。歴代最高齢のアメリカ大統領になるとのことで、体調とか健康面が不安視されています。もうおじいちゃんですからね。

 

その他の特徴は以下の動画(ジョーバイデンのYoutubeアカウントの動画“11 Things You May Not Know About Joe”)からプロフィールを簡単に抜粋してご紹介します。

11 Things You May Not Know About Joe | Joe Biden for President 2020
1:高校時代はアメフトをやっていた
2:チャンプとメジャーという名前のジャーマンシェパードを飼っている
3:大の車好き。父親からもらったコルベットスティングレーに今も乗っている
4:女性に対する暴力法の成立に向けて尽力した
5:自宅で子供たちと一緒にいられるように、毎日片道90分かけてウィルミントンからワシントンDCへ通勤した
6:交通事故で前妻と娘を亡くしている
7:幼少期には吃音症に悩まされたが、詩を朗読することでそれを克服した。
8:米国史上もっとも若い29歳での上院議員への当選を果たした
9:米国史上2人目となるカトリックの大統領。ちなみに1人目はジョン・F・ケネディ
10:オバマ政権下では8年間副大統領として活躍した。その際毎週のランチを欠かさなかった。
11:アイスクリームが大好き。特に好きなのがチョコチップアイス。
上に書いた通り、幼少期に吃音症(しゃべるときにつっかかってしまう症状)に悩まされたり、事故で家族を亡くしたりと、かなり波乱万丈な人生を歩んできたようです。
また、子どもと一緒にいるために時間をかけて通勤したり、アイスクリームが好きだったりと庶民的な部分もけっこうあるみたいです。ここらへんも日本の菅首相ともかぶりますね。

一方で、同じ民主党内から、何度もセクハラ被害を訴えられたりと、あんまり良くない噂も。権力者、セクハラしがち(そして告発されがち)ですよね。力を持っちゃうとついやっちゃうんでしょうか。

新アメリカ大統領ジョーバイデンの政策-対日関係はどうなる?

バイデンは、選挙戦のなかで以下のような政策を打ち出しています。

オバマケア(医療保険拡大)
銃規制強化
気候変動対策
パリ協定やWHOへの復帰
欧州との関係改善

この一覧を見るとわかる通り、みんなが保険に入れるようにするとか、再生エネルギーの推進、国際組織への復帰など、トランプと比べるとよりクリーンで周りとの関係性を改善(融和)していくような政策が目立ちます。当選した時にも「分断ではなく融和」って言ってましたもんね。

トランプ大統領のときに推し進めたアメリカを最優先する動きから、他国や国際組織内での協調を進める動きが推進されていきそうです。

 

ただ、トランプほど強力なキャラクターや個性を打ち出しているわけではないので、今後の予想が立ちづらいとの見方もあります。安倍前首相はトランプと個人的にも仲が良かったため上手くやっていけましたが、バイデン率いる民主党政権との関係はどうなるのか。

 

また、トランプががっちり押さえつけていた中国の動きがどうなるのかも不安な点です。中国が好き勝手にやるようになると日本にも悪影響が出る可能性があるので、バイデンには頑張ってほしいところ…。

 

まとめ

この記事では新アメリカ大統領ジョーバイデンのプロフィールや経歴、政策について紹介してきました。

 

トランプと比べると謎に包まれた存在ですが、庶民的で融和志向の大統領となりそうです。今後の動きに注目していきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました