【クラウドソーシング】英語を使ったネット副業の始め方

おすすめ
この記事は約3分で読めます。
悩んでいる人
悩んでいる人

ネットでスキマ時間に英語を使った副業をやりたい。やり方はどうしたらいいの?

そんなお悩みを解決します。

ネットで英語の副業をするなら、まずはクラウドソーシングを始めるべきです。

Q:そもそもクラウドソーシングとは?

A:不特定多数の人に対し業務を依頼し、何かを作り上げていく仕組み。要は、
プロじゃない人同志でも仕事を受発注することが可能な仕組みのことです。

クラウドソーシングがオススメな理由

「今まで頑張ってきた英語の力を活かして、仕事に役立てたい…でもいきなり転職するのは怖いし」

分かります。いきなり英語を使う仕事に転職するのは怖いですよね。

実際に英語ができると転職に有利なのですが、その前にまずは副業を始めてみて、本当に自分が英語を使った仕事に適性があるのかをチェックするのがオススメです。

そんな時にネットを使った副業は経験を積むのにピッタリです。

その理由としては、以下の2点です。

自分で得意な分野、案件を選び、受注できるから
在宅で対応可能なものが多く、スキマ時間で作業ができるから

クラウドソーシングでは、自分のレベルや得意不得意、忙しさに応じて受注する案件を選べます。

なので、場所や時間に縛られず、自分に合った仕事を受注して働くことができるのです。

具体的にどんな仕事があるか

例1:海外EC向けタイトル作成

発注者が海外Eコマースのお店で出品する商品の英語タイトルを作成します。「英語がすごく得意!」という方じゃなくても取り組める仕事ですね。

どういうタイトルにすればより商品が売れるかというマーケティングやコピーライティングの要素もあるため、広告系のお仕事をしている方にも向いていますね。

例2:Youtube動画の翻訳

Youtube動画の翻訳のお仕事です。英語での講演の動画などを、分かりやすく翻訳して発注者の方に納品する仕事です。

ただ直訳するのではなく、動画の内容を噛み砕いて伝えることが得意な方におすすめです。

例3:英語レッスン

オンラインでの英語レッスン英会話やTOEICなどに関して、発注者とスカイプ等でレッスンを行う仕事です。

「デスクワークよりも人とコミュニケーションが取る仕事がしたい」という方にピッタリです。

他にもいろいろな仕事があるので、きっとあなたにぴったり合う仕事も見つかりますよ。

おすすめのクラウドソーシングサイト

おすすめのクラウドソーシングサイトは以下の3つです。上に挙げた例以外にも様々なタイプの仕事があるので、自分の得意不得意や、ワークスタイルに合った案件を探してみてください。

・ランサーズ (下記バナーからどうぞ)

クラウドソーシング「ランサーズ」

クラウドワークス

ココナラ

まとめ

これからの時代は会社に依存することなく、自分で稼ぐのが大事です。

ネットで英語副業を始めて、英語力を活かしながらがっつり稼いじゃいましょう。

タイトルとURLをコピーしました